お散歩と減塩食事でお薬ゼロへ

もともと塩辛いものが好きである日すごい頭痛がして高血圧と診断されました。
対策としては、朝と寝る前の血圧測定で数値の確認を必ずしています。
食事は、塩分を控えめにして油濃いものを避ける献立にしています。
納豆やきな粉、豆乳などの大豆製品が血圧を下げると聞き意識して食べるようにしています。
水分も1日1.5リットルを目標にお水を飲むようにしています。
食事の時には、蕎麦茶を一緒に飲んでいます。
運動療法も血圧には良いと聞き1日30分程度お散歩するようにしています。
かかりつけの内科医院からは血圧を下げる薬が朝食後一回1錠処方されているので忘れずに服用しています。
夏の間は、正常値に落ち着いていた血圧が気温が下がるとともに上昇してくるので、DHAやEPAが配合されている高血圧を下げるサプリメントを飲んで体を冷やさないように気おつけています。
食事療法と運動療法で毎日だったお薬が一日置きになり、やがてお薬無しになるように努力しています。
お散歩をした時は血圧の数値は安定しているのでストレス発散にもなっているのかなと思います。

私の3つの高血圧対処法

私が行っている高血圧対策は3つが主です。1つは、塩分を控えることです。
私は昔から塩辛いものが好きで、血圧のことなど考えずに食事をしていました。
しかし、血圧を気にし初めてから、食事をの面から見直すことにしました。
例えば、今まではカップラーメンを食べるときは、スープまで完食していましたが、それを辞め、麺だけにしたり、漬物を食べる代わりに、生野菜や温野菜などをとるようにしました。
またなるべくジュースなどもとらず、代わりにお茶や水を飲むようにしています。 2つめは運動をするように心がけるです。
毎朝1杯の水を飲んでから、散歩に出掛けるようにしています。ゆっくり30分位かけて歩くと気分的にもすっきりするので、おすすめです。
最後は、ストレスをためないようにするです。
これが一番難しいのですが、私の場合、どうしてもイライラしたときは、一人で車に乗り、人気の無い場所まで来たら、今イライラしていることを大声で叫びます。そうするとなぜかすっきりして、快適に眠れるので、重要なことだと思います。また、どうしても食生活で栄養バランスがおかしくなったときは血液中の老廃物を綺麗にしたり、健康な体作りに必要不可欠な成分を効率よく摂取するためにむくみ解消のカリウムサプリメントを飲むようにしています。